ナビゲーションを読み飛ばす

鹿児島県議会

議会中継

録画中継

  • 県民連合
    桃木野 幸一
  • 平成29年第4回定例会
  • 12月6日
  • 一般質問
○質問事項
1知事の政治姿勢
①知事の支持率について
・県政推進のトップリーダーに最も求められる「政策」と「指導力」については大変低い評価となっていることについての見解と今後の対応について
②原発支持率が低いことについて
③平良氏と公式に会われていない事に対する所見

1海外経済交流促進等特別委員会の行政視察を終えて
①鹿児島への定期便の開設に向けての現状と取組について
②鹿児島港本港区エリアを今後どのような空間にしていこうとするかについて
③鹿児島港本港区エリアまちづくり検討の進捗状況について
④本県への国別・インバウンドの現状分析と鹿児島の認知度向上への取組について
⑤レンタカー配置の現状と課題について
⑥本県における外貨両替機の設置について
⑦国における体験型観光の活性化の為の有識者会議開催の動きと本県の対応について
⑧知事のトップセールスや長期にわたるアンテナショップ,物産展の開催などPRの必要性は

1消防力の向上対策
①消防職員の充足率について
・全国平均を満たしている消防本部と満たしていない消防本部の違いについて,全国平均に満たない県の現状について
・消防庁通知にもとづく県の指導について
②防災航空センター及び消防学校の派遣職員
・枕崎近郊の消防本部以外からの派遣について
・鹿児島市消防局からの派遣要請の考えは
・航空隊員8人体制にする考えは
・今後の教務職員の配置について
・県として住居を確保することについて
・県職員と均衡を図ることについて
・被服貸与の制度について
③消防学校における教育訓練の充実
・老朽化した施設の整備について
・消防資機材の予算の現状について
・受講生の指摘・要望に応えるだけの予算の確保について
④消防学校における実践的訓練の推進
・消防学校のAFT及びホットトレーニングの整備計画について

1警察行政
①架空請求詐欺の最近の犯行手口と警察の検挙対策について
②あおり運転について,本県の相談件数や内容及び検挙件数等について

1地元課題
①県道川内加治木線米山交差点の改良について
②黒川岬に展望公園や駐車場整備をすることについて
映像を再生します
  • 平成29年第2回定例会
  • 6月22日
  • 代表質問
○質問事項
1知事の政治姿勢
①改正組織犯罪処罰法「共謀罪」について
・ジャーナリストとして活躍してこられた知事の共謀罪法への見解
②オスプレイの奄美空港への緊急着陸に対する県の対応
・日米合意違反にも当たる飛行ルートから外れた米軍機の目撃に対し,県はこの間どのような対応をとってきたのか
・国からの指導で公表しないとしているがこれまでの米軍機の着陸についても一切公表していないのか
・今回の緊急着陸についてもこれまでと同様公表しないつもりか
・今回の事案のような場合,県の連絡体制や対応はどうなっているのか
・行政のトップとして三反園知事は九州防衛局や米軍に原因究明や再発防止策の徹底と公表を求めるべき
③原子力安全・避難計画等防災専門委員会委員選任について
・委員選任に当たって県民の厳しい声にどう答えるか
・電力事業者からの研究支援や寄付の有無の確認と公開で専門委員の公正中立を保つべき

1行財政改革推進プロジェクトチーム
①本県の財政危機の原因と責任についての知事の見解
②「県政刷新大綱」をはじめ行財政改革各種計画におけるこれまでの取組の成果と課題についての総括
③行財政構造改革による職員数の減で行政サービスの確保はできているか,職員の負担はどうか
④職員の年齢構成は適切か
⑤現在の状況における職員数についての考え
⑥プロジェクトチームによる行財政改革はこれまでと違う新たな観点があるのか
⑦プロジェクトチームの今後の考え方

1原発に係る諸課題について
①放射線防護施設を整備する際,県の横断的連携はどうなっているのか
②土砂災害警戒区域内にあるとされる5か所の施設についての今後の対応策
③薩摩川内市コンベンション施設は放射線防護対策に活用すべき
④安定ヨウ素剤の希望者への事前配布の意見書が採択された4市への県の回答
⑤本県においても事前配布に向け取組むべきだが見解を示せ
⑥原子力安全・避難計画等防災専門委員会の審議方法や内容等についての総括と今後の考え方
⑦原子力安全・避難計画等防災専門委員会から出された意見書に対する県の見解
⑧「科学的特性マップ」が示され国から説明を受けても最終処分場を受け入れる考えはないか,その理由も示せ
⑨原発立地県として「核のゴミ」を出し続けることへの責任
⑩電力会社が安全に管理すべきではないか
⑪専門委員会で「核のゴミ」問題も取り組むべき課題とすべき

1県有財産の有効活用
①現時点での県有財産の有効活用に関する推進体制と方針
②民間のノウハウを活用するとしているが具体的な方法は
③県有未利用財産の活用状況や対象物件の変化など主なものを示せ

1県民の暮らし向きの動向
①県内経済の状況と県民の暮らし向きについての認識
②本県における有効求人倍率と完全失業率の推移と現状把握
③子どもの生活実態を把握するために行った「かごしま子ども調査」の分析
④調査で浮き彫りになった実態と課題についての今後の取組

1「おもてなし先進県鹿児島」の受入れ体制整備
①外国語表記の観光案内標識等を作成する際の県内外関係者との連携
②県内の観光案内標識等において表記の混在はないか
③「観光立県かごしま県民条例」を活かした観光産業の振興のためには全庁的取組が重要だが,「バリアフリー観光」を含めどのように取組むか

1鹿児島県唯一の水産高校の充実
①県内唯一の水産高校の位置付け・役割と今後の学校への期待
②実習船「薩摩青雲丸」や練習船等の更新計画と実習船の機能の充実
③空調設備の必要性と女子生徒にも対応した寄宿舎の整備計画
④食品加工実習室等を含む学校施設・設備の課題認識と充実に向けた今後の計画

1任用制度の在り方と学校の業務改善
①新たな任期と前の任期の間に一定の期間(空白期間)が生じているのはどのような理由からか
②市町村においてはどのような任用になっているのか
③全ての市町村において空白期間を無くすよう県も助言等を行うべきでは
④働かなければならない実態がある以上きちんと任用すべき
⑤「学校の業務改善推進委員会」での業務改善方針の策定状況と調査物等の見直し以外の具体策
⑥政府が働き方改革を掲げる中,学校現場こそ働き方改革が必要だと思うが見解は
⑦業務改善の意識啓発のためのポスターや標語などの作成時期について示せ

1地域医療の現状と課題
①県立病院の医師不足の現状とその解決のための具体策
②地域枠医師の現状
③医療ニーズに応えられない実態を容認している現状についての見解
④医師確保と建物整備は両輪と考えるべき
⑤地域の医療ニーズが高い産婦人科,小児科,麻酔科の開設は喫緊の課題だが見解と実現へ向けての取組
⑥地域包括ケアシステムにおける後方支援としての役割にどのように取組むのか
映像を再生します
  • 平成29年予算特別委員会
  • 3月9日
  • 総括予算審査
1 高齢者交通安全対策事業
2 発達障害者支援体制整備促進事業(新規事業)
3 介護事業所キャリアバス構築支援事業
4 短期大学運営費及び魅力ある短大づくり事業
映像を再生します
戻る