ナビゲーションを読み飛ばす

鹿児島県議会

議会中継

録画中継

  • 自由民主党鹿児島県議会議員団
    向井 俊夫
  • 平成31年第1回定例会
  • 2月28日
  • 一般質問
○質問事項
1鹿児島県2019年度当初予算について
①昨年10月に示された61億円の収支不足の解消による県事業への影響はないのか,又,あったとしたらどの事業で,それに対しての対策はどうしたのか。
②今後も毎年,このような予算編成前の財源不足が想定されるか,又,今後の財政見通しは。
③自主財源比率が新年度予算では32.5%。平成28年普通会計予算ベースでは東京都の89.5%が1位で,鹿児島県は31.3%の44位,全国平均56.4%。改善の余地はあるのか,又,考えられる対策は。
④今秋からの消費税アップで本県に対してのメリット,デメリットは。又,デメリット対策は。

1奄美群島振興開発特別措置法と振興交付金
①自治体が行う振興開発計画に基づく事業への支援という位置づけの中で,ハード事業に対する補助事業のかさ上げとあるが,その概要を示せ。
②成長戦略推進交付金の新制度,国負担が50%から60%に優遇措置されることの要件と,県,地元負担はどう変わるのか。
③航空・航路運賃軽減事業における準住民について,今回の法改正にともない,新たに運賃軽減の対象となった「準住民」について,具体的な対象範囲,人数及び適用開始時期について具体的に示せ。
④農林水産物等輸送コスト支援事業の中で,新規の対象として,工業製品等の加工品の移出と,肥料や原材料の移入も対象とあるが,何が適用され,いつから実施されるのか。

1奄美・沖縄の世界自然遺産登録について
①2020年の世界自然遺産登録において,昨年IUCNに指摘された事は全てクリア出来たのか。
②世界自然遺産の登録に向け,奄美大島及び徳之島のみならず,奄美群島全島,県下全域の気運醸成の取組を示せ。
③世界自然遺産登録を契機として観光客の増加が予想される中,エコツアーガイド,観光客の自然保護に果たす役割についてどのように考えているか。

1航空路,航路について
①バニラ・エアの奄美―成田線及び奄美―関西線について,就航以来の利用者数の推移を示せ。
②バニラ・エアとピーチアビエーションの経営統合について両社の統合による奄美路線への影響如何。また,経営統合にともない,両路線において一定の運休期間が生じるが,その後の対策如何。
③奄美―屋久島航路について
・鹿児島・奄美・沖縄航路の屋久島寄港については,現在の上り便による寄港だけでなく,屋久島から奄美群島への移動が可能となる下り便の寄港が,奄美群島と屋久島の交流という面で必要と考えられるが,県の見解と実現に向けた課題を伺う。
映像を再生します
  • 平成30年第3回定例会
  • 9月21日
  • 一般質問
○質問事項
1奄美群島振興開発特別措置法について
①2019年度奄振法の延長を見据えての概算要求が示されたが公共事業の中で特筆すべき事業は。
②非公共事業の奄美群島振興交付金での事業の中で,群島民の満足度の高い事業は。
③今後の奄振法の方向性と,奄美12市町村自治体と連携した今後の取組は。

1国道58号おがみ山バイパスについて
①今年の第1回定例会で,知事は「地元の理解が得られれば,前向きに事業を進めたい」と答弁された。知事答弁については,地元紙にも大きく取り上げられ,その後,奄美市議会でも質疑がなされているが,地元からの異論等は聞こえてきていない。又,奄美市が独自に地権者を訪問し,意向調査を実施した結果,反対者もごく少数であったと聞いており,事業再開に向け,機は充分に熟したのではないかと考える。奄美市名瀬においては,名瀬港マリンタウン事業や,末広・港土地区画整理事業も進捗しており,これらの事業と一体となった,おがみ山バイパスの事業再開を一日も早く決断すべきと考えるが,知事の考えを伺う。

1名瀬港旅客用ターミナルビルについて
①建設計画とその進捗状況は。
②計画の素案づくりの段階で,一般民間の方々や,港湾事業者,観光関係業者への意見聴取もするのか。

1奄美パークについて
①奄美パーク・田中一村記念美術館の,開館以来の来館者数と役割
②建築物の中で“奄美の郷”の外観で,特に屋根の老朽化が激しいが,改修,補修の考えはないのか。

1学校の施設整備
①県内公立小学校,中学校,高校における,普通教室のエアコン設置率は。
②県内私立小学校,中学校,高校の普通教室のエアコン設置率は。
③文科省においても,学校における安心安全の観点から,空調設備や耐震性のない危険ブロック塀等の対策で,大幅な予算の概算要求をしているが,本県の対策は。
④当初予算で「県立高校空調設備整備事業,288,505千円」とあるが,普通教室は考えていなかったのか。

1奄美世界自然遺産登録について
①登録延期となった最大の理由は。
②来年2月の推薦書の再提出へ向けての,スケジュール調整は出来ているのか。
③来年から世界遺産推薦は,一国で,文化遺産か自然遺産かどちらかになるが,その対策は。

1県立自然公園について
①県内で何箇所,県立自然公園に指定されているか。又,指定の要件は。
②種子島や三島村は,要件を満たされないのか。
映像を再生します
  • 平成30年第1回定例会
  • 2月27日
  • 一般質問
○質問事項
1知事の政治姿勢
①平成30年度,知事の施政方針で新年度の鹿児島県の方向性としての最重要課題を示せ。
②平成30年度,鹿児島県予算編成において特に重点的に御配慮なされた分野は何か。
③平成29年度の「新しい力強い鹿児島の船出」という「観光」「農林水産業」「医療・福祉」「教育」「産業・雇用」「防災」の6項目で「日本一に!」という基本的な考えが示されたが,それぞれの分野で考えられる達成度と「日本一に!」を達成できた事業とそれぞれの新年度の対応・対策を明瞭簡潔に述べよ。

1奄美群島振興開発特別措置法と奄振交付金事業
①奄振交付金を活用したリーディングプロジェクト推進枠について,予算規模・負担割合や想定しているテーマ案について示せ。
②クルーズ船誘致においては,施設整備が必要となるが,奄美大島瀬戸内町西古見の大型クルーズ船寄港地計画は,どうなっているのか,又,名瀬港の10万トン級クルーズ船に対応した観光船バースの延伸整備についてどのように考えているか。
③自然保護関係で,ネコ対策事業とあるが,奄美大島・徳之島におけるノネコ・ノラネコの平成29年度の捕獲実績とその後の対応,又,平成30年度の事業予定は,どのようになっているか。
④観光拠点連携整備事業の平成29年度の事業と平成30年度の事業予定を示せ。
⑤企画部離島振興課の中に,奄美振興係があり,係長以下5名の職員が配属されているが,大島支庁の総務企画部総務企画課の中に,地元に密着した現地の総合窓口が必要ではないか。

1おがみ山バイパス事業
①おがみ山バイパス事業は再開するのか,しないのか,又,ネックになっている問題点があるのか示せ。

1県内の不動産・土地売買について
①県内本土,特に有人離島・無人島の不動産・土地売買で,外資系または,ダミーと思われる民間日本事業者の売買情報はないのか示せ。

1タンカー衝突沈没によると思われるオイル漂着について
①タンカー衝突沈没によると思われるオイル漂着が予想されそうな県本土海岸線の対策と既に漂着している県内離島への対応は充分できているのか,また,処理費用等は,充分確保出来るのか示せ。
映像を再生します
戻る